FC2ブログ

aromatherapy and natural

〜Massage Therapistのアロマやマクロビ生活綴っています〜

マクロビオティッククラス〜マクロベースの会〜

1年を通してマクロビオティックを学ぶ「マクロベースの会」に
参加しています。このクラスは、Kushi Institute でレベル4まで修了
され、マクロビオティックインストラクター&カウンセラーとして
経験豊富なふみ先生が担当して下さいます。品のあるとても素敵な方
なのです。

これは、季節に応じたマクロビオティックの陰陽五行や調理法、食材、
対応する臓器などを学び、それぞれの時期に応じた料理を習います。

妊娠中に始まった初回は「冬」から。そして、2回目は「春」
出産前に受けた5月の3回目のクラスは「夏」の料理になります。

参加している私とNさんは臨月ということもあり、マクロビオティック
インストラクターのふみ先生から、夏の料理メニューに加えて、
妊婦さんの為に、とお魚を使ったスープを2品紹介して下さいました。

マクロビオティックの本にも時々載っている「鯉こく」が産後の
養生にいいのですが、鯉は手に入らないので、トラウト(マス)を使った
トラウトスープと白身魚のスープ。

実は、妊娠中、匂いと味覚が敏感になっており、魚の匂いが受け付けず、
調理自体を断念していた私。
しかし!
とても美味しく頂けました。調理中の匂いもほとんど気にならず。
ふみ先生、新鮮な良質のお魚を持参してくださっていたのです。
ありがとうございました。

「白身魚のシチュー」
レモンと塩でマリネにした白身魚を根菜と一緒に煮込みます。

マクロベース夏2

「トラウトスープ」
根菜に、お味噌とショウガを入れて煮込みます。

マクロベース夏3

2品目のトラウトスープを頂いた直後から、身体が温まってきました。
妊娠中で普段より体温も高いせいか、少し汗ばんだほどでした。

ちなみにこの写真は、マクロベースの会「春」のメニューから。
緑色のスープは春菊のスーブ。木々も一気に緑に変わる春のイメージ
そのままの色ですよね。

マクロベースの会春1




出来上がった「夏」の料理がテーブルに並び出します♪

マクロベース夏1

「夏」のメニューとして

キウイとキュウリのスープ。身体を冷やすので、頂く量は少量で。

マクロベース夏4

黒豆とキノアのサラダやヒカマとアラメのサラダ。パンプキンシードドレッシング
は野菜のディップに。グリーンビーンズを使った炒め物はディルを混ぜて。
グレープのピクルスは解毒作用が強いので、一粒、二粒程度で。

マクロベースの会夏5


食後は、コーンシルクティーを頂きました。トウモロコシのヒゲ茶ですね。
利尿作用があるので、むくみを感じるときや、塩分の多いもを摂りすぎた時にも。
ノンカフェインなので、妊娠中にも安心して飲めるお茶です。

また、カリウム、鉄、食物繊維なども含まれるので、便秘の解消、血糖値の安定、
そして女性には嬉しい、PMSを和らげるとも言われています。生理前、積極的に
摂りたいお茶ですね。

食事が一段落した所で、マクロビオティックの座学がスタート。初回の「冬」と
「春」の復習も交えながら、「夏」の勉強へ。
そして、マクロビオティックの見方からの産後のアドバイスも頂きました。

ふみ先生のお話をメモしていて、久しぶりにブログを書きながら、見直して
いると…。

「キャベツ、ブロッコリーなどあぶら菜系は母乳を通して赤ちゃんにガス
 が溜まりやすい」

どおりで、昨晩から今朝にかけて赤ちゃんのガスが出てるなあと思った…。
昨日お昼にキャベツを多めに使って料理をしていた私。

母乳育児なので、娘を見ていると本当に食べ物をがそのまま娘にいってる
事がよくわかります。毎日、自分で食べたものをメモし、排便状況や娘の
状況をメモしていますが、マクロビオティックを知っていると、対処ができます。

例えば、赤ちゃんがずっと興奮状態で泣いている、下痢のような排便が続く、
便秘、ガスがずっとでる、湿疹がでる、、、それももしかすると、お母さんの
食べたものが原因かもしれません。

自分が何を食べたか、「ああ、だからね」って分かるだけでも食事の
工夫ができるようになります。

マクロベースの会もあと2回、楽しみです。





 マクロビオティック