aromatherapy and natural

〜Massage Therapistのアロマやマクロビ生活綴っています〜

海外のアロマ協会認可のアロマセラピスト資格について

アロママッサージ7:26

「日本で取得したアロマの資格が海外で使えますか」
「日本で海外のアロマ資格を取得して海外で働けますか」

という様な質問を多く頂きます。私のブログを見て頂いている方の検索
ワードも「アロマセラピスト 海外 働く」「海外のアロマ資格 留学」
「アメリカ アロマセラピスト 求人」等がとても多いです。

これまでにも、「海外でアロマセラピーの勉強」「海外でアロマセラピスト
マッサージセラピストとして働く事」
で書いているので、興味のある
方はまた読んで下さいね。

以前にブログで書いた記事と少々かぶりますが、改めて、「日本で取得した
海外のアロマ資格があれば海外で働けるか」について書いていきます。

日本で学んで取得できる海外のアロマセラピスト資格といえば、
イギリスのIFA、IFPA、ITECが主流です。また、アロマセラピストの資格
だけではなく、海外のマッサージの技法を学んでその資格が得られると
いう学校も増えて来ています。
例えば、ハワイのロミロミやタイのタイヨガマッサージなど。

では、実際にそれらを取得して海外で就職できるか?

となると、その国で働くためのビザ保持者(移民ビザ)であれば、まず
働くチャンスはあります。(しかし、各国、各州や市によってアロマ
セラピストやマッサージセラピストとして働くためのガイドラインがある
はずなのでそれは調べる必要があります。)

では、資格はあるけど、移民ビザは無い、という場合。以前のブログにも
書いていますが、働けるサロンが就労ビザのサポートをしてくれるので
あれば、その就労ビザを手に入れてから働けます。

じゃあ、ワーキングホリデービザで行けばいいじゃん!という方は、
もちろん、サロンからの就労ビザ不要で、その国で働く事が可能な
アロマセラピスト資格があるなら、チャンスはあります、が、
先ほど書いた様に、それだけでなく、その国や州、市で取り決めされて
いるセラピストとして働く為には他に何か必要か、そうでないのか
調べておく必要があります。

アロマの学校によっては、「海外で働くチャンスがありますよ」と匂わす
ようなうたい文句を使う所もあるようですが、海外の資格を取ったから
といって簡単にそのまま海外で働けるというのは訳が違います。

海外でセラピストとして働いてみたい夢、その気持ちはすごーく分かります。
だからこそ、資格取得の勉強と平行して行ってみたいと思う国(州や市)の
セラピスト事情はお調べになってくださいね。














 aromatherapy note