FC2ブログ

aromatherapy and natural

〜Massage Therapistのアロマやマクロビ生活綴っています〜

マクロビオティクを通しての離乳食・幼児食の勉強と日々の育児

離乳食テキスト

2012年春にKushi Institute(KI)でレベル2を受講しました。

コース修了前に各自プレゼンを行うのですが、私のプレゼンのテーマは、
「妊婦さんの食事内容」か「離乳食」のどちらかで迷い、結果、離乳食に
決めました。

しかし、アメリカのKIでの学ぶ症例の主なものと、日本の
クシインスティテュート(KIJ)で学ぶ症例の主なものが少し異なります。

レベル2で学ぶ理論や料理法等は同じなのですが、症例のテーマが
アメリカだと、低血糖症や生活習慣病、肥満、糖尿病などで、日本では、
不妊や生殖器の病気、妊娠中、産後の食生活などが組み込まれています。

マクロビオティックの応用として各症例と照らし合わせながら進む授業なので
アメリカで学んだ内容はとても充実していましたが、

私はマッサージセラピストの立場から、女性のヘルスケアに焦点をあてた
内容も深く学びたかったので、レベル2を修了後、合間をみて、KIJのレベル2の
テキストを読みながら、婦人科系、妊娠、産後の食事や離乳食等についても、
何人ものママさんや妊婦さんからのリサーチの
協力も含め、ゆっくりだけど勉強は続けていました。

そして、今回、私自身の妊娠、出産、更に育児を通して、学んできた事と
実体験が頭の中で合致しはじめ、

せっかくなら、マクロビオティックを通して
「妊娠中、産後、離乳食、幼児食」に焦点をあてて教えられている
先生からも話を聞いてみたくなり、早速日本で定期的にクラスを開催されている
蓮の実キッチンの松井先生にコンタクトを取りました。

テキストの内容は、すでにレベル2で学んだ内容と重複します、
と言われましたが、テキストだけを見て納得するだけではなく
すでにお母さん、お子さん向けに教えられている経験やそこから見えて来る
マクロビオティックを通した育児を知りたかったので、
重複しても構わない、ということをお伝えし、スカイプを通して受ける事
になりました。

娘の離乳食も始まったので、レベル2の復習を兼ねて学びながら実践!

今迄マクロビオティックを学んできて、私自身の料理のためにしていたのと、
我が子の為に行うってまた違う感覚!それもなかなか楽しいものですね。

マクロビオティックは単なる料理法というのではなく、哲学でもあります。
いつかは、レベル3も受講したいと時期を見計らっていますが、まずは娘に
協力をしてもらいながら、今は実践を積んで行こうと思います。

また、日本とアメリカでは多少の違いも出てくるので、日本での
マクロビオティックをベースとした離乳食や幼児食をアメリカで行う場合なら…
と考え、こちらで合うマクロビオティック離乳食を私なりにアレンジしてみようと
思います。

いつか、自分自身の学びと経験から、マッサージを受けられる妊婦さんや、
ベビーマッサージを学びに来られるお母さん達にも、マクロビオティックをベースに
した離乳食や幼児食のお話ができれば、と考えています。








 マクロビオティック