FC2ブログ

aromatherapy and natural

〜Massage Therapistのアロマやマクロビ生活綴っています〜

認定アロマセラピストの資格を取得してどう活かすか?

久しぶりにアロマセラピストコースのテキストの整理をしていて、
ついつい読み入ってしまいました。

今は休講していますが、以前はセラピストになる為のコースを
教えていたので、内容もそれなりに深く、精油の化学や解剖学などを
見ながら、「ああ、そういえば、こうだった」と思い出す部分も。

アロマテキスト化学


セラピスト資格を維持するためには継続的な勉強を行い
それを協会に提出する必要もあります。

しかし、テキストを毎日広げ教えていた頃に比べると、うっかり
忘れている所もある訳で。

やはり、継続は力なり、時々こうやって見直してみるのも大切です。


さて、いつも沢山のお問い合わせを頂くのですが、

私が取得しているセラピスト資格が海外のアロマセラピー関連の協会の
ものなので、アロマセラピー留学や日本国内で海外のアロマセラピー協会の
認定資格を取得する事についての質問が多いのです。

質問の内容によっては、私もお問い合わせを頂いた方に
結構踏み込んだ質問する事があるのですが、
なぜ、海外のアロマセラピスト資格を取得したいのか、
なぜアロマ留学をしたいのか、その理由によっては、夢を壊すような、
かなり現実的な事もお返事に書いています。

私も日本では、アロマの学校にそれなりの受講料を支払い、
カナダでも受講料に加えて、生活費やビザ、航空運賃等かかる費用など、
一体アロマに関するものにどれだけの費用を費やした事か。(苦笑)

だからこそ、仕事の合間をぬって日本で勉強したいとお考えの方、
仕事を辞めて留学をして学びたいという方、こつこつ貯めてきたお金で勉強
したいという方、それぞれですが、せっかく受講、留学されるなら、
そのお金と時間は有効に使ってもらいたいし、将来の夢を叶えてもらいたいと
思うからこそ、現実的なお話をしています。

以前、私はスクール関係の仕事をしていたので、ついつい、生徒さんの立場で
考えてしまうのです。

私は、日本を離れてしばらく経ちますので、今の日本のアロマセラピー関連の
就職状況についてはそれほど詳しくありません。
ただ、資格を取得して、それで終わりではなく、その資格をどう活かすのか、

今は日本にもアロマセラピーの学校は沢山あります。
その為、入学をしてもらう為には美味しい話を入学説明会でしてくるところも
あるでしょう。アロマ留学を取り扱う会社でも同じく。

もちろん、資格取得後、スムーズに、そしてタイミング良く有名サロンで
セラピストとしての採用や、スクールで講師として採用、起業したサロンが
成功している、そんな方も当然いらっしゃいますが、そのためには、それなりの
リサーチや準備、勉強も必要です。

私への問い合わせの中には、
海外で資格を取得した場合、その国でアロマの仕事に就けますか?
日本と比べて見つかり易いですか?といった内容が時々あります。

それもタイミング。いえ、タイミングだけでなく、それこそ運もあるかも
しれませんし、北米ではコネクションも重要。仕事を得る為の積極的な
行動、チャンスを得るぞという意気込み、その現地の言葉が話せる事など、
日本で学ぶ以上に努力は必要です。

求人がどのタイミングで出て来るか分からないし、尚かつ、海外で働くとなると、
その国では外国人なので、働くチャンスは日本で探す以上に大変な時もあります。

アロマセラピストの資格を取得して、将来はその業界で働きたい、自分のサロンを
持ちたい、と夢を叶えるためにも、是非、急がず、焦らず、十分にリサーチし、
計画を立て、納得いく学校、留学先を見つけて下さいね。
















 aromatherapy note