FC2ブログ

aromatherapy and natural

〜Massage Therapistのアロマやマクロビ生活綴っています〜

アロマセラピストとして起業、自分のサロンを持つこと

Lavender-Bubble-Bath.jpg

アロマセアラピストになるための資格コースでは、
ビジネスに関する授業も行います。これは、日本で教えていた頃から。
カナダで学んだ際も、同じく「セラピストとして起業する場合」のビジネス
クラスはありました。
アロマセラピストになる以前、私も経営やマネージメントにも関わって
いたので、自身の経験や知識も交えつつ授業は進めていました。
また、会社員時代に親しくなった人たちが、大手企業の経営に関わっていたり、
経営者自身であったり、何かしらマネージメントに関わる人が多かったことも
あり、そういう話を直に聞いていたので授業ではとても役立ちました。

あくまで私が関わってきた生徒さん、また同業者の友人たちの話を聞いて
いると、個人サロンを持ちたいとお考えのセラピストさんの大半は細かい
ビジネスプランを立てるのが苦手でした。
ちなみにカナダの学校でも同様。カナダ人生徒さん達、うまく組み立てられて
いませんでした。
これは、ダメだと言っているのではなく、たとえ個人事業主であれ、
経営を行うことを経験していなければ、ビジネスプランも何も細かい経営の
仕方にはピンとこないのは当然。また、アロマセラピストの勉強を始める頃は
「自分でサロンを持つぞ」という意識より、「アロマセラピストになって癒してあげたい」
という意識なので、サロン云々は学びながら生徒さん同士で話し合ったり、
セラピスト関連の雑誌で目につき初めて、「じゃ、、私も自宅サロンやってみたい」
「マンションの1室でやってみたい」となっていくのです。

私が教えていた当時は巷にアロマセラピストでサロンを持とう!的なセラピスト関連の
書籍や雑誌が多く、それはそれは夢を見てしまうような記事特集もあり。
自分がサロンを持ったらどんな内装で、トリートメントにはどんな精油を
使って、どんなトリーメントを提供できて、、、とイメージするだけでワクワク
してきます。

アロマセラピー関連の学校でも大抵は自社ホームメージでは、「アロマセラピストとして
サロンで働く」ことに加えて「アロマセラピストで独立開業!」が目に付きます。
でも、それだけで、ビジネスサポートには手薄でどちらかというと「資格とりましょ!」
まずは資格ですからねー!という流れ。
それでも最近は、学校によってビジネスサポートやノウハウなども学べるところは
増えてきているようです。
サロンを開業するにあたり、ビジネスのセンスや経営について知っておくことは多々あります。
アロマセラピストの資格だけとって、サロンを開けば、クーポン雑誌や広告を載せれば、
自動的にクライアントさんがやってくるわけではないのです。
まずは、身近かな友人たちは親族に、サロンの案内声掛けもされるでしょう。それも大切。
でも顧客さんは身内だけで順番にまわしている訳にいかないのです。

アロマセラピストで起業する場合の経緯の違い、サロンの場所、就業日数や時間帯、
地域性による料金設定の違い、サロン紹介はブログだけなのか、ウェブサイトも作るのか、
費用や経費、利益は?子供がいる場合のママさんセラピストの場合、、等など挙げていけば
きりがないけれど、サロンを持つ夢とともに、現実を見て計画を立てていくことは
とても大事。

また、マンションの1室で行う場合でも、「オーナーさんが格安で貸してくれた」
「マンションの前に看板を出してもいいと言われた」からといって、その立地はどうか?
人の動線を調べてみたか?ただ、駅前だからいいとか、人が多い場所にあるから
いいというわけでもありません。実際、繁華街にあるのに、いつもお店が変わるテナントって
ありますよね。動線を見たとき、その場所が当てはまらないことがあります。

サロンメニューも増やせばいいというものでもなく。
日々、技術向上のため、クライアントさんの満足度アップのために新しい手技を
覚えていくのはとても大切だけど、メニューを増やせばなんとかなる、というのは
違う。

書き出せばキリがないのだけど、とにかく経営(収入)面についての相談も増え、
今はセラピストさんのためのコーチングセッションも準備中です。

アロマセラピストになるためにはそれなりの受講料を支払いします。
精油やキャリアオイル、マッサージベッドなど備品にもそれなりの金額がかかります。
私自身、日本とカナダの学校で学び、その費用だけでかなりの金額を支払っています。
せっかく夢を持ってセラピストとしても独立したいと考えていらっしゃる以上
それらの費用と時間は無駄にせず活かしてもらいたいと思っています。







 aromatherapy note